遺言書作成は埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所へ

 

自筆証書遺言とは

 

自筆証書遺言とは、遺言者本人が、そのすべてを自書し、押印して作成する遺言です。
自筆することが求めれており、パソコンやワープロ等による作成は認められていません。
よってご自身で自書できない方は残念ながら作成することは出来ません。

 

 

「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。 」(民法968条)

 

 

 

 

 

 

 

長所(メリット)

  • 手軽に作成できる
  • 費用がかからない
  • 遺言の存在や内容を秘密にできる
  • 書き直しが簡単

 

 

 

 

 

 

短所(デメリット)

  • 紛失の恐れがある
  • 偽造、変造される危険性がある
  • 方式の不備、文言の解釈など問題が生じる危険性がある
  • 家庭裁判所による検認手続きが必要
  • 遺言書を家族が発見できない可能性がある
  • 自書できない方は作成できない

 

 

 

 

 

自筆証書遺言の長所は何と言っても、その手軽さです。
書こうと思ったら、すぐに書き始められます。
作成時は手続きも必要ありませんので、気軽に作り始めることができます。
また費用もかかりません。
公正証書遺言の場合、公証役場への手数料等が発生しますので、なかなか気軽に作るというわけにはいきません。
そして、書き直したいと思ったら、すぐに書き直すことができるのも魅力の一つです。
ご自身の状況の変化に応じて、毎年書き直すことも可能です。

 

 

 

 

では短所は何でしょう。
まずは、方式不備や文言の解釈により無効となってしまう危険性です。
自筆証書遺言といえども、法的効力をもたせる文書ですので法律で定められた方式で作成することが必要です。
従って作成の際は専門家に相談するのが良いでしょう。
次に紛失したり、偽造、変造される危険性があることです。
一方で、見つかりにくい場所に保管してしまうと、家族に発見されない可能性もあります。
公正証書遺言の場合は原本が公証人のもとに保管されますので、この点の問題はありません。
次に、自筆証書遺言の場合は家庭裁判所による検認手続きが必要な点です。
遺言者の死後、遺言書の保管者や遺言書を発見した相続人は家庭裁判所に検認請求をしなければなりません。
検認を経ないで遺言を執行した場合、5万円以下の過料制裁があるので注意が必要です。
最後に、自書できない方は作成できないという点です。
自筆証書遺言は、その名の通りその全てを自筆で作成しなければなりません。
パソコンやワープロで作成したり、代筆してもらったりすることができません。
また解読できないと無効となる危険性があるので、読みやすい字で明確に記載する必要があります。

 

 

「遺言書作成専門」
埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所
営業時間 9:00〜20:00
TEL 04-2941-6840
FAX 04-2941-6845
埼玉県所沢市小手指町4-19-8キングスヴィレッジ703

 
スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 遺言書作成業務 事務所案内 お問合せ ご挨拶