遺言書作成は埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所へ

 

秘密証書遺言とは

 

現在、この方式で作成される方はほとんどいませんが、秘密証書遺言という遺言方法もあります。

 

秘密証書遺言とは、遺言内容を秘密にしたまま遺言書の存在を公証役場に記録してもらう遺言方法です。

 

 

作成方式は民法970条によると作成方式は以下の通りになります。

 

  • 遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。
  • 遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれに封印すること。
  • 遺言者が、公証人一人及び証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述すること。
  • 公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。

 

 

 

長所(メリット)

  • 遺言書の存在は記録として残る
  • 遺言の内容を秘密にできる
  • 自書できない方も作成できる

 

 

短所(デメリット)

  • 公正証書遺言とは違い、遺言内容に公証人が関与しない為、不備等が生じる可能性がある
  • 公証役場で遺言書の原本は保管されないので、紛失・汚損等の恐れがある
  • 証人2名が必要
  • 遺言を執行するためには検認手続きが必要

 

 

 

公証人への手数料
公証人に支払う手数料は、一律11,000円です。

 

 

 

秘密証書遺言の長所は、遺言内容を秘密にできることです。
公証人や証人に内容を確認してもらう作業がないので、内容を知られることはありません。
また、自書できない方も作成することができます。
遺言者自身の署名押印は必要ですが、遺言の本文については自書であることは求められていません。
よって、代筆やパソコン、ワープロなどでも作成することができます。
しかし、もし秘密証書遺言としての要件に欠けていた場合でも自筆証書遺言としての要件を満たしていれば自筆証書遺言として有効になります。
従って、念のために自筆で作成しておくことをお薦めします。

 

秘密証書遺言の短所は、まず遺言内容について公証人が関与しない為、内容や方式の不備等で無効になる危険性があることです。
そして自筆証書遺言と同様に遺言を執行するためには家庭裁判所による検認手続きが必要です。
次に、秘密証書遺言は公証役場で保管されません。
よって紛失してしまったり、災害等により汚損してしまう危険性があります。
また作成時には公証役場へ出向き、公正証書遺言と同様に証人2名が必要となります。
証人になれない者の条件は公正証書遺言の場合と一緒です。

 

証人について

 

 

 

 

以上のように秘密証書遺言は内容を秘密にできるというメリットはありますが、本文や方式に不備が生じる可能性があること、保管場所の検討など問題点もあります。
また遺言書の存在は記録されているので、公正証書遺言と同じく、検索システムを用いれば遺族の方などが遺言書の存在を知ることはできます。
しかし、公証役場で保管はされていませんので、保管場所について明確にしていなかった場合は、何とか探し出すしかありません。
このようにデメリットも多い方式ですので、作成の際は専門家に相談することをお薦め致します。

 

 

「遺言書作成専門」
埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所
営業時間 9:00〜20:00
TEL 04-2941-6840
FAX 04-2941-6845
埼玉県所沢市小手指町4-19-8キングスヴィレッジ703

 

 

 

 
スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 遺言書作成業務 事務所案内 お問合せ ご挨拶