遺言書作成は埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所へ

 

姻族関係終了届

 

 

姻族関係終了届とは、その名の通り姻族との関係を終了させる手続きのことをいいます。
近年、この姻族関係終了届の届出が増加傾向にあります。

 

姻族とは、婚姻によって生じた、夫婦の一方と他方の血族との親族関係のことをいいます。
例えば、夫と妻の父母、妻と夫の兄弟姉妹などです。

 

では、なぜ姻族関係終了届というものが存在するのか。
まず、配偶者関係は、「配偶者の一方の死亡」・「離婚」・「婚姻の取消」によって消滅します。
そして婚姻で生じた姻族関係も「離婚」・「婚姻の取消」によって終了となります。

 

しかし、「配偶者の一方の死亡」の場合、配偶者関係が消滅しても、姻族関係は消滅しません。

 

この場合、もし姻族関係を終了させたいのであれば、姻族関係終了届を提出することで消滅となります。
この届出は、配偶者の死亡届が受理された後であれば、生存配偶者はいつでも提出できます。
本人の意思で自由に決めることができ、死亡した配偶者の血族の了解などは不要です。

 

これに対して、死亡配偶者の血族から生存配偶者との姻族関係を消滅させる方法はありません。
姻族関係終了届とは、あくまで生存配偶者からできる届出なのです。

 

ただし、姻戚関係を終了しても、戸籍には反映されず、姓と戸籍はそのままとなっています。
結婚前の戸籍や姓に戻したい場合には、別に「復氏届」を提出することが必要になります。

 

 

 

 

姻族関係終了届が、クローズアップされた背景には、扶養義務について懸念される方が多いのも理由のひとつと思われます。

 

法律上、扶養義務があるのは、夫婦、直系血族、兄弟姉妹です。
したがって、養子縁組していなければ、夫婦の一方と他方の血族(姻族)に対して扶養義務を負わないのが原則です。

 

ただし、例外として家庭裁判所は特別の事情があると認めた場合には、三親等内の親族間に扶養義務を設定することができます。
例えば、妻からすると夫の母親は一親等の関係になりますので、特別の事情があると認めた場合には裁判所の裁量で扶養義務を負わせることも可能ということになります。

 

 

 

「遺言書作成専門」
埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所
営業時間 9:00〜20:00
TEL 04-2941-6840
FAX 04-2941-6845
埼玉県所沢市小手指町4-19-8キングスヴィレッジ703

 
スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 遺言書作成業務 事務所案内 お問合せ ご挨拶