遺言書作成は埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所へ

 

共同遺言

 

 

共同遺言とは、2人以上の者が同じ証書を用いて遺言することをいいます。
しかし、これは民法により禁止されています。

 

例えば、夫婦が同じ証書に「どちらか一方が死亡した場合、他方が財産を相続する」という遺言をしたとします。
しかし、たとえ夫婦であっても同じ証書に夫婦共同で遺言することはできません。
他にも、夫婦が同じ用紙にそれぞれの財産処分に関して別々に遺言した場合、夫の遺言が失効すると妻の遺言も失効するとした場合なども認められません。

 

 

 

 

なぜ、共同遺言は認められないのか

 

共同遺言が認められない理由として、以下のことが考えられます。

  • 本来、遺言は遺言者の自由な意思に基づいてされるべきですが、共同遺言を認めてしまうと相互に影響を受けて自由な意思で遺言をすることができなくなってしまう可能性がある。
  • 遺言は自由に撤回することができますが、共同遺言の場合、一方が撤回した場合に他方はどのようにするか問題が起きること。
  • 一方の遺言が方式の不備などの理由で無効となる可能性がある場合、他方の遺言の有効性にも問題が起きること。

 

 

以上のことから、たとえ夫婦であっても別々に遺言書を作成することをお薦めします。

 

中には一見、共同遺言に見えても内容的に単独遺言であると評価できる場合は無効とならないとしたケースもあります。
しかし、民法で禁止している以上、無効となる危険性は高いので、無用なリスクはできるだけ避けて夫婦であっても別々に遺言書を作成するのが良いでしょう。

 

 

「遺言書作成専門」
埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所
営業時間 9:00〜20:00
TEL 04-2941-6840
FAX 04-2941-6845
埼玉県所沢市小手指町4-19-8キングスヴィレッジ703

 
スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 遺言書作成業務 事務所案内 お問合せ ご挨拶