遺言書作成は埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所へ

 

公正証書遺言を作成する時は、手数料を公証人に支払います。
料金は目的物の価額に応じて金額が決まっています。
手数料は以下の通りです。

 

 

目的物の価額

手数料

100万円以下

5,000円

200万円以下

7,000円

500万円以下

11,000円

1,000万円以下

17,000円

3,000万円以下

23,000円

5,000万円以下

29,000円

1億円以下

43,000円

3億円以下

43,000円+5,000万円毎に13,000円を加算

10億円以下

95,000円+5,000万円毎に11,000円を加算

10億円超

249,000円+5,000万円毎に8,000円を加算

 

さらに、いくつかのルールがあります。

 

  • 目的価額を算定することができないときは、原則500万円とみなされます。
  • 相続人・受遺者ごとに、相続又は遺贈する財産の価額により目的価額を算出し、手数料を算定して、その合計額が手数料の額となります。
  • 1通の遺言公正証書の目的価額の合計額が1億円以下の場合は、手数料が11,000円加算されます。
  • 祭祀の主宰者の指定は、相続又は遺贈とは別の法律行為で、また目的価格が算定できないので、手数料は11,000円となります。
  • 遺言者が病気等で公証役場に出向くことができない場合に、公証人が出張して遺言公正証書を作成することができます。この場合の手数料は、遺言加算を除いた目的価額による手数料額の1.5倍が基本手数料となり、これに、遺言加算手数料を加算します。この他に、旅費(実費)、日当(1日2万円、4時間まで1万円)が必要になります。
  • 証書の作成についての手数料については、証書の枚数が4枚(横書の証書にあっては、3枚)を超えるときは、超える1枚ごとに250円が加算されます。
  • 遺言の全部又は一部の取消しの証書の作成についての手数料は11,000円です。
  • 手数料は、原則、証書の正本等の交付時に現金払いです。

 

 

 

 

(例)妻に6,000万円、長男に4,000万円の財産を相続させる場合
妻に6,000万円なので手数料は43,000円、長男に4,000万円なので手数料は29,000円、その合計額は72,000円となります。
目的価額の合計額が1億円以下なので、11,000円を加算され、83,000円が手数料となります。

 

 

 

(例)妻に1億円相続させる場合
1億円の財産を妻1人に相続させる場合の手数料は43,000円、目的価額の合計額が1億円以下なので、11,000円が加算され、54,000円が手数料となります。

 

 

「遺言書作成専門」
埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所
営業時間 9:00〜20:00
TEL 04-2941-6840
FAX 04-2941-6845
埼玉県所沢市小手指町4-19-8キングスヴィレッジ703

 
スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 遺言書作成業務 事務所案内 お問合せ ご挨拶