遺言書作成は埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所へ

 

公正証書遺言とは

 

公正証書遺言とは、公証人に作成してもらう遺言のことをいいます。
公証人が関与するため、無効となるリスクが最も低い遺言といえます。

 

作成方法は民法969条によると以下の方式に従い、公証役場で公証人に作成してもらいます。

  • 証人二人以上の立会いがあること。
  • 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
  • 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
  • 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
  • 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

 

 

 

 

長所(メリット)

  • 無効になる危険性が最も低い
  • 紛失・偽造の危険性がない
  • 家庭裁判所による検認手続きが不要
  • ご遺族が公証役場の検索システムで遺言書の有無を確認できる
  • 自書できない方も作成できる

 

 

 

 

 

短所(デメリット)

  • 証人2人が必要
  • 公証役場に行かなければならない
  • 費用がかかる
  • 必要書類を集めなければならない
  • 簡単に書き直すことができない
  • 遺言の内容が証人等に知られてしまう

 

 

 

 

公正証書遺言の長所は何と言っても、確実性です。
公証人が関与するので、形式不備や内容が不明で無効となる危険性が極めて低いです。
また、紛失や偽造の心配もありません。
遺言書の原本が公証役場で保管されますし、さらに原本をデータ化して二重に保存します。
(※原本のデータ化は平成26年4月1日より)
そして、ご遺族が公証役場の検索システムで遺言書の有無を確認できるのも長所のひとつです。
平成元年以降に作成された公正証書遺言は、作成した公証役場、公証人、遺言者、作成年月日等をコンピューターで管理していますので、すぐに調べることができます。
自書できない方も作成できるのも公正証書遺言の特徴です。
遺言者が遺言の内容を口頭で公証人に伝え、それを公証人が書き取りますので遺言者は伝えるだけで良いです。
また原則、遺言者は署名しなければなりませんが、署名できない場合は公証人がその理由を記して署名に代えることができます。

 

では、短所は何でしょう。
まずは公証役場に行かなければならないことです。
公正証書遺言作成当日はもちろんのこと、事前に打ち合わせ等が必要となります。
ただし、病気等により公証役場に行くことができない場合は、公証人に病院や自宅まで来てもらうことができます。
(公証人が出張する場合は公証人手数料加算、公証人の日当、現地までの交通費が別途かかります。)
次に証人2人が必要なことです。
証人は誰でもよいわけではなく、民法では証人になれない者を定めており、以下の者は証人にはなれないとされています。

 

  • 未成年者
  • 推定相続人
  • 受遺者
  • 推定相続人・受遺者の配偶者
  • 推定相続人・受遺者の直系血族
  • 公証人の配偶者
  • 公証人の四親等内の親族
  • 公証人の書記
  • 公証人の使用人

 

 

遺言はプライベートなことなので、証人を知人などに頼みにくいこともあるかと思います。
ましてや他人に頼むのも不安があるかと思います。
当事務所では守秘義務がある信頼性の高い専門家を証人として手配させて頂きますので、お気軽にご相談ください。
公正証書遺言の証人について

 

次の短所としては費用がかかってしまうことです。
公正証書遺言を作成する場合、公証人に手数料等を支払う必要があります。
大体の目安としては以下の通りです。

 

 

目的物の価額

手数料

100万円以下

5,000円

200万円以下

7,000円

500万円以下

11,000円

1,000万円以下

17,000円

3,000万円以下

23,000円

5,000万円以下

29,000円

1億円以下

43,000円

 

公証人手数料について

 

 

そして必要書類等を集めなければならないことも面倒のひとつです。
正確な遺言書作成のため、様々な書類を提出しなければなりません。
必要な書類は、おおよそ以下のものとなります。

 

  • 遺言者の実印と発行3ヵ月以内の印鑑証明書
  • 相続人の戸籍謄本
  • 受遺者の住民票
  • 証人予定者のお名前、住所、生年月日及び職業をメモしたもの
  • 不動産登記事項証明書
  • 固定資産税評価証明書
  • 預金通帳や株券のコピーかメモ

 

その他、事案により求められる書類もあります。

 

また、公正証書遺言は簡単に書き直すことが出来ません。
書き直す場合は再度、手続きをしなければならないのもデメリットと言えるでしょう。
最後に遺言の内容を証人等に知られてしまう点があります。
遺言内容は公証人や証人が確認するため、内容を誰にも知られたくないという方は難しいです。

 

 

「遺言書作成専門」
埼玉県所沢市の行政書士松森光事務所
営業時間 9:00〜20:00
TEL 04-2941-6840
FAX 04-2941-6845
埼玉県所沢市小手指町4-19-8キングスヴィレッジ703

 

 
スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 遺言書作成業務 事務所案内 お問合せ ご挨拶